TBSドラマ特別企画「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ5」2018年4月9日(月)20:00~

更新日:2018年4月3日

【出演者】
佐藤B作

TBSドラマ特別企画「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ5」

《あらすじ》
警視庁捜査一課の十津川警部(内藤剛志)のもとに京都から郵便が届いた。送り主は新宿の高級クラブの若いホステス・井岡さつき(瑛蓮)で、手紙には十津川警部と京都で3日間を楽しく過ごしたと記してあるとともに、十津川への恋心まで綴られていた。また、数日前に新宿で暴漢に襲われていたさつきを十津川が助けたとあったが、十津川には全て身に覚えの無いことだった。
亀井刑事(石丸謙二郎)と北村警部補(友近)ほか捜査一課の刑事たちは、十津川に限って浮気はありえないと思いながらも、その手紙が原因で、十津川の妻・直子(池上季実子)が家を出て行ったことを知り複雑な心境だ。さつきが十津川と泊まったという旅館に亀井が電話をすると、宿の女将は確かにその二人に間違いないと証言する。ということは、誰かが十津川警部の名を騙っているのだろうか。
そんな疑問の湧いた数日後、さつきが新宿の自宅マンションで死体となって発見される。さつきが行きつけにしていたネットカフェへ行くと、事件の前日に使用したというパソコンの裏にSDカードが貼り付けてあった。中身を調べるとパーティー中らしき男女8人の集合写真が記録されていた。さつきを含めて女性が5人、男性が3人。男は仮面を被っており素性は分からなかったが、調べを進めるとさつきが勤めていた高級クラブのホステスたちとママ、そして常連客だと判明する。店は代議士の若杉敏郎(佐藤B作)や十津川とは旧知の女医・桐野佐和子(秋本奈緒美)など、華麗だがいわく付きの人物も出入りしていた。さつきの手紙に、別荘での秘密パーティーに参加したところトラブルに巻き込まれたと書かれており、参加したホステスの一人に話を聞くと、この秘密パーティーの最中に恐ろしいことが起こったと怯えながら警察に証言した。
十津川は酒井刑事(朝倉あき)を伴って京都に向かう。ニセ十津川とさつきの足取りを追いながら聞き込みをすると、さつきも何かにひどく怯えていた様子で、ニセ十津川は若い女性を探していたという。
一旦帰京するもニセ十津川が現れたという知らせがあり、十津川は亀井とともに再び京都へ。そこで不審な男に出くわす。男はフリージャーナリストの渡辺敬一郎(津田寛治)と名乗る。渡辺は、秘密パーティーのことを知っており、パーティー後行方の分からない女を捜していると打ち明ける。
そんな矢先、パーティーに参加していたもう一人のホステスが死体となって発見される…。

《出演》
十津川警部…内藤剛志
    ○
亀井刑事…石丸謙二郎
    ○
渡辺敬一郎…津田寛治
    ○
北村警部補…友近
    ○
桐野佐和子…秋本奈緒美
若杉敏郎…佐藤B作
    ○
杉本刑事…橋本じゅん
酒井刑事…朝倉あき
清水刑事…岩永徹也
小川刑事…福田陽一
    ○
十津川直子…池上季実子
    ○
本多一課長…六平直政
    ○
三上刑事部長…西岡德馬