TBS「渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル」2017年9月18日(月)20:00~

更新日:2017年9月12日

【出演者】
佐藤B作

TBS「渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル」

《みどころ》
橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』が今年も帰ってきます!
1990年にスタートし、2011年に1年間の連続シリーズが終了した後も単発番組として放送してきた“渡鬼”ですが、今年もお馴染みの面々がお茶の間へ戻ってくることになりました(放送日時未定)。
昨年のスペシャルでは、中華料理店・幸楽の改装問題から小島家や五月(泉ピン子)が大きく揺れました。同時に息子・眞(えなりかずき)の妻・貴子(清水由紀)が妊娠していることなども織り込まれていましたが、今回の物語ではその子育ての様子も描かれる予定で、再び五月の動向が鍵を握ります。
石井ふく子プロデューサーは、
「前作では五月は眞に頼まれないことを繰り返し、息子夫婦から迷惑がられましたが、子どもが生まれたらまた大変ことになっていると思います。これがきっかけで新しい“嫁姑問題”が起きてきそうです。思い返せば“渡鬼”は最初、キミ(赤木春恵)と五月のギクシャクが物語の中心でした。その立場が今、変わろうとしています。家族のドラマというのはつくづく奥が深いとも思います。最新作をぜひお楽しみに」 と語ります。

眞がイクメンの壁に直面
五姉妹の100万円の使い道は?

今年の“渡鬼”は、五姉妹とその家族にまつわる新たな騒動をお届けする。今作で眞(えなりかずき)がついにパパになり、仕事と育児の両立の難しさに直面。一方、五月(泉ピン子)たち姉妹は父が遺した店の利益配当金である一人100万円の使い道を思案。橋田壽賀子が現代のイクメン問題や、中高年女性の幸せについて提言する。
眞の妻・貴子(清水由紀)が「子育てに疲れた」と置手紙をし、家出。乳飲み子を連れて働く弟を見かねた愛(吉村涼)が赤ん坊の面倒を見るが、五月は離婚すべきだと譲らない。その頃、自宅で世話をしていた子どもたちが成長して手を離れた弥生(長山藍子)と、在宅医療で忙しい夫(植草克秀)とすれ違いの毎日を送る長子(藤田朋子)は寂しさを感じていた。そしてほかの姉妹たちも…。

新装幸楽・眞夫婦の子育てなど話題満載の最新作、2017年の“渡鬼”にもぜひご期待ください!!