[ブログ]佐渡稔のオフィシャルブログ《佐渡通信》
    sawatariblog

    [CM] 「Panasonic」Jコンセプト(掃除機篇)

EX 木曜ミステリー「警視庁捜査一課長 Season3」第10話 2018年6月14日(木)20:00~

更新日:2018年6月11日

【出演者】
佐渡稔

EX 木曜ミステリー「警視庁捜査一課長 Season3」

《第10話あらすじ》
江戸川区の荒川沿いで、両手指すべての指紋がない男性の遺体が発見された。臨場した捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、遺体の顔を見て驚く。実は34年前、谷中萌奈佳(安達祐実)の父・明彦(中村梅雀)が重要参考人の男を取り逃がしたことがあり、その男とよく似ていたのだ。
 萌奈佳もまた、被害者と会ったことがあると言い出す。先週末に開催された防犯イベントでグッズを配っていた際、自分を遠くから見つめていたため、話しかけたところ、もどかしい表情を浮かべながら一言も話さず去っていったという。

  まもなく、遺体の身元は34年前、殺人容疑で指名手配された佐原佳男(佐渡稔)とわかる。34年前、商社社長が殺され、現金と腕時計を奪われる事件が発生したが、事件翌日、腕時計を質店に持ち込んだのが、社員の佐原だったのだ。当時、捜査本部の一員だった明彦は「佐原は“シロ”だ」と主張したが、上層部は全国指名手配を決断。結局、逮捕に至らぬまま、1999年に時効が成立していた。
 そんな中、建設現場の作業員として働いていた佐原の所持品の中から、銀座の高級クラブのママ・伊能弥生(片瀬那奈)の名刺が発見された。事件当日の夕方、近くの防犯カメラに佐原が弥生と口論する姿が映っていたこともわかるが、弥生は「銀座の女は口が堅いんです」と言って一切語らず、大岩と萌奈佳の追及にも動じなかった。
 また、佐原の荷物からはもうひとつ、不可思議なものが見つかっていた。なんと“萌奈佳グッズ”が大量にしまいこんであったのだ。佐原は生前、「娘に会いたいが、二度と会えない」と作業員仲間に語っていたという。もしや、萌奈佳の本当の父は、佐原なのか…!?
 萌奈佳は苦悩を抱えながらも、34年前と現在にまたがる2つの事件の解明に奔走する…! だが、萌奈佳の出生の秘密をかぎつけた週刊誌記者・島岡義斗(山崎銀之丞)が、執拗に大岩につきまとってきて…!? はたして大岩一課長は2つの事件すべての謎を解き明かし、親友の娘・萌奈佳を守ることができるのか!?決死の捜査が、最大の危機と衝撃の展開を招く!!

ゲスト
中村梅雀
片瀬那奈
山崎銀之丞
坂口芳貞
佐渡 稔
葉山レイコ
西田 健 ほか

第72回公演『終われない男たち』2018年9月14日(金)~23日(日)

更新日:2018年5月28日

owarenai-omote - hpowarenai-ura - hp

2018年、劇団東京ヴォードヴィルショーは創立45周年を迎えます。
50周年に向けて歩みだす東京ヴォードヴィルショーと、鈴木聡氏×鵜山仁氏のタッグにぜひご期待ください!
【作】鈴木聡(ラッパ屋)
【演出】鵜山仁(文学座)
【出演】佐藤B作・佐渡稔・石井愃一・市川勇
    山口良一・たかはし等・あめくみちこ
    山本ふじこ・大森ヒロシ・瀬戸陽一朗
    中田浄・まいど豊・市瀬理都子
    京極圭・玉垣光彦・村田一晃・大迫右典
    石川琴絵・喜多村千尋・平田美穂子
【客演】石倉三郎・斉藤清六・綾田俊樹・桜一花
    福本伸一、木村靖司、弘中麻紀(ラッパ屋)
【日程】2018年9月14日(金)-23日(日)
【会場】本多劇場 access
【料金】全席指定 前売¥7,000/当日¥7,500
   ★初日割…前売¥6,500/当日¥7,000
【前売開始】7月29日(日)10時~

 

 

《公演日程》
2018年 9/14(金) 9/15(土) 9/16(日) 9/17(月) 9/18(火)
14:00
15:00
19:00
2018年 9/19(水) 9/20(木) 9/21(金) 9/22(土) 9/23(日)
14:00
15:00
19:00

※ご予約・託児サービス等、詳細は随時更新いたします

NHKBSプレミアム「PTAグランパ2!」第4話 2018年4月29日(日)22:00~

更新日:2018年4月27日

【出演者】
佐渡稔

NHKBSプレミアム「PTAグランパ2!」

《第4回あらすじ》
堂島先生(夕輝壽太)が前に赴任した学校で保護者ともめたという噂がPTA役員たちの間で広まり、堂島の事務的な態度を気に入らない武曾勤(松平健)は、夏休みの堂島の補習授業を観察する。そんな折、副会長の瀬古(眞島秀和)の娘・美羽は、勤の孫・友理奈とバザーで親しくなり、武曾家に遊びに来る。友理奈の祖母・幸子(浅田美代子)は、瀬古家が父子家庭なのを心配して、美羽の帰りに料理の手土産を持たせる。一方、瀬古は会社で部下のミスがあり、取引先の大企業に謝罪に行くが…。

映画「ミスミソウ」2018年4月7日(土)~新宿バルト9ほか全国公開

更新日:2018年4月1日

【出演者】
佐渡稔

映画「ミスミソウ」

《ストーリー》
東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

EX「おかしな刑事17」2018年1月14日(日)21:00~

更新日:2018年1月12日

【出演者】
佐渡稔
まいど豊

EX「おかしな刑事17」

《あらすじ》
鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

 病院に健康診断の結果を聞きに来た鴨志田は、となりの診察室から出てきた住宅建設会社の社長・漆山忠夫(角野卓造)と知り合いになる。
 大腸の内視鏡の検査を受けるよう言われた鴨志田は深刻な病ではないかと思い悩んでいたが、漆山もまた、次回の診察に家族を連れてくるよう医師から言われ、重大な病の告知を受けるのかとパニックになっていた。互いに余命わずかと思い込んだ2人は打ち解けあい、飲み明かす仲に。しかし、酒を飲んで気が晴れるわけもなく、勤務中もため息ばかりつく鴨志田は「士気が下がる」という理由で、坂下課長(小倉久寛)から休暇を取るよう言い渡されてしまう。

 そんな中、東王子署管内で誘拐事件が発生! オーガニック野菜販売会社を営む萩尾晃(窪塚俊介)、奈津子(中島亜梨沙)夫妻のひとり息子・将人(杉澤駿)が、“ゆるキャラショー”を見ている間に何者かにさらわれてしまったのだ。犯人からは1億円を要求するメールが届くが、現在、萩尾の会社は資金繰りに困っており、1億円などとても用意できないという。困り果てた奈津子は、会社社長である父親に連絡を取る。その連絡が来たのは、ほかでもない、漆山。つまり、将人は漆山の孫だったのだ。
 奈津子はかねてから仕事人間で家庭を顧みなかった漆山を嫌っており、父娘は十数年も顔を合わせていなかった。もともと娘との関係修復を願っていた漆山はすぐに奈津子のもとに駆けつけ、犯人の電話に「孫のためならいくらでも出す」と即答。犯人から、身代金の受け渡し役に指定されてしまう。

 まもなく、真実が捜査の指揮を執ることとなり、東王子署の刑事たちのほか、真実の恋人である警視庁捜査一課8係刑事・五十嵐進(駿河太郎)も捜査に加わることになった。しかし、実は真実と進はケンカ中で、別れる別れないでモメていて…!? そして漆山から事情を聴いた鴨志田も、有給休暇中の身でありながら独自の捜査を始めるが…!?

第71回公演「田茂神家の一族」【地方公演】2017年1月28日(土)~

更新日:2017年11月20日

tamogami-chihou-hp
2017年、『あの』一族が帰ってくる!!
創立40周年記念興行の最後を締めくくった
『田茂神家の一族』地方公演が決定しました!!

【作】三谷幸喜 【演出】山田和也
【音楽・演奏】園田容子
【出演】佐藤B作・佐渡稔・石井愃一
   あめくみちこ・市川勇・たかはし等
   山本ふじこ・瀬戸陽一朗・中田浄
   まいど豊・市瀬理都子
   京極圭・玉垣光彦・村田一晃
   大迫右典・石川琴絵・小沼和
   喜多村千尋・平田美穂子
【客演】角野卓造・石倉三郎

※ツアー前半のスケジュールは下記の通りです。
【所沢市民文化センター MUSE】2017年1月28日(土) 詳細
【厚木演劇鑑賞会】2017年2月2日(木) 詳細
【相模原演劇鑑賞会】2017年2月3日(金) 詳細
【近畿演劇鑑賞団体】2017年2月7日(火)~2月23日(木) 詳細
【能登演劇堂】2017年3月3日(金)~5日(日) 詳細
【新潟市北区文化会館】2017年3月12日(日) 詳細

※ツアー後半スケジュールを更新しました。

【岩手・花巻】2017年10月27日(金) 詳細
【岩手・一関】2017年10月29日(日) 詳細
【鹿児島】2017年11月7日(火) 詳細
【中国地区】2017年11月13日(月)-12月11日(月) 詳細

TX「ユニバーサル広告社」第4話 2017年11月10日(金)20:00~

更新日:2017年11月7日

【出演者】
佐渡稔

TX「ユニバーサル広告社」
※第4話にゲスト出演致します。

《第4話あらすじ》
杉山(沢村一樹)は元船具屋で古い写真の中から、ひときわ美しい女性を見つける。美女は永山サキ(大空眞弓)、通称「坂の上の姫・サキ様」と呼ばれ、商店街では知らない人がいない伝説の令嬢だった。杉山は気高く美しい笑顔に、思わず一目ぼれするが、生きていても齢80近いおばあちゃん…そんな中、サキがさくら(和久井映見)に連れられて、突然広告社にやって来た!驚く杉山を前に、サキは「私を広告してください」さらに「世界中に知らせてほしい」と頼むのだった。彼女の依頼に秘められた思いとは!?伝説の令嬢が20年ぶりに現れたことで商店街はにわかに活気づいてく…。杉山たち弱小広告社が人々の絆と笑顔のために奮闘する!!

東京ヴォードヴィルショー 第71回公演「田茂神家の一族」【東京凱旋公演】

更新日:2017年10月12日

2015年初演・三谷幸喜氏書き下ろし作品『田茂神家の一族』待望の再演!
パワーアップしたあの一族が、帰ってくる…!

tamogami-toukyou-omote - hptamogami-toukyou-ura - hp

【作】三谷幸喜
【演出】山田和也 【音楽・演奏】園田容子
【出演】佐藤B作・佐渡稔・石井愃一・市川勇
たかはし等・あめくみちこ・山本ふじこ
瀬戸陽一朗・中田浄・まいど豊
市瀬理都子・京極圭・玉垣光彦
村田一晃・大迫右典・石川琴絵
小沼和・喜多村千尋・平田美穂子
【客演】角野卓造・石倉三郎

■紀伊國屋書店提携公演
【日程】2017年12月25日(月)−28日(木)
【会場】紀伊國屋ホール access

※詳細は随時更新いたします

テレビ埼玉「情報番組マチコミ」(ローカル)2017年9月11日(月)・12日(火)・13日(水)17:00~

更新日:2017年9月8日

【出演者】
佐渡稔
まいど豊
京極圭
大森ヒロシ
市瀬理都子

テレビ埼玉「情報番組マチコミ」(ローカル)
※番組内でミニドラマを放送致します。

「彩会 ミニドラマ化キャンペーン」
楽しかった彩会、忘れられない彩会、何気ない彩会などなど、
あなたの彩会体験を応募してください。
それをテレビ埼玉の情報番組「マチコミ」とタッグを組んで
映像化して放送します。

EX「おかしな刑事16」2017年7月30日(日)10:00~

更新日:2017年7月26日

【出演者】
佐渡稔
まいど豊

EX「おかしな刑事16」

《ストーリー》
鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。
 最近、駅前の“そば処くりはら”という店で開かれている、そば打ち教室に通いはじめた鴨志田。真実が少々心配になって覗いてみたところ、教室といいながらまるで美貌の女将・栗原綾(中田喜子)を囲むファンクラブのような雰囲気で、鴨志田ら生徒たちが和気あいあいとそば打ちを楽しんでいた…。

 そんなある日、なんと綾の店で殺人事件が発生する。殺されたのは鴨志田と共にそば打ち教室に通っていた杉本雅治(四方堂亘)で、彼は綾のそば店が入居しているビルのオーナーでもあった。第一発見者は綾で、開店準備のため厨房に入ったところ、麺棒に血が付いていることに気づき、不審に思って店の入り口を見ると杉本が倒れていたと話す。
 麺棒から綾の指紋しか検出されなかったこと、杉本が執拗に綾に関係を迫っていたことから、刑事たちは綾の犯行を疑い、鴨志田は関係者として捜査を外されてしまう。しかし、綾を信じる鴨志田は、杉本の妻・好江(山下裕子)を探るよう、大崎刑事(伊東孝明)らに頼み込む。

 一方、真実は上司の田中刑事局長(上杉祥三)から、この殺人事件を突破口に“アスカヤマ電器商会”の内情を暴くよう指示される。同社は海外展開に失敗して多額の損失を出し、3年前に粉飾決算が発覚して社長以下、経営陣が総退陣したのだが、いまだに真相はやぶの中だった。実は、綾の亡き夫・栗原善行(田上ひろし)は当時、同社の海外事業部長を務めており、退社後、妻の綾と“そば処くりはら”をオープンしたのだ。
 だが、3カ月前、善行はひとりで山菜を採りに山へ出かけた際に足を滑らせて死亡しており、インターネット上の匿名掲示板にはアスカヤマ電器商会を恨む何者かから、善行の死を「天誅」とする書き込みがあり、店に対する誹謗中傷も続々と書き込まれていた。もしや、この書き込みの主が、杉本の殺人に関わっているのか…!? 捜査を外された鴨志田は真実のサポートを受け、真犯人に迫っていく…!