AbemaTVオリジナル2「特命係長只野仁」第4話・第5話 2018年1月2日(火)・3日(水)23:15~

更新日:2017年12月18日

【出演者】
山口良一
まいど豊
佐藤銀平

AbemaTVオリジナル2「特命係長只野仁」
※第4話にまいど豊がゲスト出演致します。
※第5話に山口良一と佐藤銀平がゲスト出演致します。

《第4話あらすじ》
企画部の社員・上村あやか(園田みおん)が無断欠勤し、会社を一週間も休むという事態が発生した。自宅のマンションに篭っている様子もなく、連絡も一切取ることが出来ない。実は彼女は電王堂の大口クライアントであるウェーブ自動車の社長の昔の愛人の娘だった。
 黒川会長(梅宮辰夫)から至急彼女を見つけ出すよう特命を受けた只野(高橋克典)が森脇(永井大)と共に彼女のマンションに向かい部屋へと入る。しかし、そこに彼女の姿はなく、男の側だけ破られて燃やされたツーショット写真が。どうやら男絡みの失踪のようだ。
 調査を進めるうちに、二人の男が浮かび上がってきた。一人は同じ企画部のイケメンで仕事もバリバリ出来る島崎(武田航平)。そしてもう一人はシステム管理部のジミメンだが実家が資産家の野沢(金井勇太)。なんとあやかは異なるタイプの男二人に二股をかけていたらしいのだ。しかし、只野が二人それぞれに詳しい話を聞くと、島崎と野沢もあやかとは別の女性と二股をかけていたことが明らかになり…。

《第4話ゲスト》
上村あやか-園田みおん
野沢‐金井勇太
徳山部長‐まいど豊
島崎‐武田航平

《第5話あらすじ》
来年開催される世界未来博覧会のプロデュースを電王堂が全面的に任されることになった。黒川会長(梅宮辰夫)からも常々期待をかけられており、次期会長とも噂されている前川社長(加藤雅也)の肝いりで進められてきた、総額二千億円にも上る巨大プロジェクトだ。
 しかし、そんなある日、前川の部下でプロジェクトの実行部隊のトップだった吉野(吉家章人)が水死体で発見され、同時に前川の秘書である真由美(大島優香)の社員証も発見されるという事件が発生。二人は不倫の末に心中したらしいが、吉野は真面目な性格で有名だったし、真由美も浮いた話ひとつなかったという。黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、噂が一人歩きしてスキャンダルが大ごとになる前に真相を突き止めるよう、“最後の特命”を下す。
 心中事件が起きた現場の近くで森脇(永井大)と聞き込みをした只野は、その日の夜、吉野たちを尾行していた二人の男の存在を突き止める。そして、博覧会のプロジェクトチームに異動させてもらい、潜入調査を開始。どうやら吉野がいなくなった後、プロジェクトをわが物顔で仕切っているのが駒田部長(山口良一)らしいのだが…。

《第5話ゲスト》
前川社長‐加藤雅也
駒田部長‐山口良一
田辺真由美‐大島優香

NHKBS時代劇「赤ひげ」第7回 2017年12月15日(金)20:00~

更新日:2017年12月13日

【出演者】
佐藤銀平

NHKBS時代劇「赤ひげ」
※第7回に出演致します。

《第7回あらすじ》
二代目大家の松次郎(石垣佑磨)は店子たちに立ち退きを通告。店子たちは先代から、ここに住むことを約束されていると抵抗するが証文はない。その上、唯一当時を知る角三(内田朝陽)の父・多助(綾田俊樹)は痴呆が進んで何も覚えていない。追いつめられる角三たちの前で、多助は、「おくめ殺し」と口にした。多助の言葉に引っ掛かった赤ひげ(船越英一郎)は、森半太夫(古舘佑太郎)に調査を依頼。その中で、先代の大家と店子との間の過去の出来事が浮上して来る…。

WOWOW「連続ドラマW 石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」2017年11月5日(日)22:00~

更新日:2017年12月1日

【出演者】
佐藤銀平

WOWOW「連続ドラマW 石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」
※レギュラー出演致します。

《番組概要》
消えた10億円。沈黙する官邸・外務省「機密費」という国家のタブーに挑んだのは、名もなき刑事達だった―「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」のオールスタッフが再集結し、清武英利氏による書きおろしノンフィクション著書の連続ドラマ化第2弾が、主演に佐藤浩市、その共演に江口洋介を迎えて制作が決定!
“石つぶて”それは、ひとつひとつは小さな石ころでも、
投げ続ければ敵陣に傷跡を残す、確かな武器となる―

山一證券倒産の裏で最後まで闘い続けた社員たちの軌跡を、緻密な取材を重ね、著書としてまとめたノンフィクション作家・清武氏。彼が新たな題材として選んだのは、2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」だった 。警視庁捜査二課に属する“石つぶて”たちが、組織に抗いながらも掘り起こしたこの事件の真相とは―。“三悪人”と呼ばれた外務省役人たちが起こした衝撃的な悪事とは―。

「空飛ぶタイヤ」「沈まぬ太陽」など、骨太な社会派テーマを真正面から描き続けるWOWOWが、次に挑む本作品 の監督に、映画『沈まぬ太陽』も手掛けた若松節朗氏、そして脚本に「相棒」を執筆した戸田山雅司氏を起用。「しんがり」チームが再びタッグを組み、新たな衝撃作「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」を世に送り出す 。