TBS「新春縁結び!ナイナイのお見合い大作戦in出雲」2017年1月3日(火)18:00~

更新日:2016年12月27日

【出演者】
佐藤B作

「ナイナイのお見合い大作戦!」
神話の国・縁結びのまち島根県出雲市で男女42人婚活バトル!
世紀の大波乱連発で男も号泣続出!一体何が
▽何故お前が…恋する純朴男の前にイケメン現役自衛官が突如出現
▽絶対負けられない…大豪邸持ちVS経営コンサルタント!好条件男2人が控えめ女子を奪い合い
▽しじみ漁師の恋…両親熱烈応援で仰天結末
▽続報!自衛隊の花嫁…アノ名物自衛官から岡村チェアマンに大切なお知らせが

NHK 特集ドラマ「陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~」2016年12月30日(金)19:30~/【再】2017年1月1日(日)16:45~

更新日:2016年12月26日

【出演者】
佐藤B作

特集ドラマ「陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~」

これまでの「陽炎の辻」がすべてわかる!

NHK 正月時代劇「陽炎の辻 完結編~居眠り磐音 江戸双紙~」2017年1月2日(月)21:00~

更新日:2016年12月26日

【出演者】
佐藤B作

正月時代劇「陽炎の辻 完結編~居眠り磐音 江戸双紙~」

《出演》
山本耕史/中越典子・川村陽介・笛木優子・宇梶剛士/長塚京三・工藤阿須加/滝藤賢一
神野三鈴・山崎銀之丞・山本學・辰巳琢郎・佐藤B作/小松政夫・近藤正臣 ほか

《あらすじ》
坂崎磐音(山本耕史)は、妻・おこん(中越典子)との間に八歳の長男・空也がいる立派な父親となり、町の小さな剣術道場主として穏やかな生活を送っていた。
そこに一人の若侍が現れる。
名は、松平定信(工藤阿須加)。現・白河藩藩主である。
吉宗の孫として、かつては次期将軍の有力候補であったが、その聡明さを恐れた老中・田沼意次(長塚京三)によって、白河藩へと養子に出されていたのだ。
若い定信は、父・宗武(山本學)の遺言である打倒田沼を果たすため、磐音に弟子入りを願う。
一方、田沼の側近は、磐音と定信の邂逅(かいこう)を知り、新たな刺客を磐音たちにしむける。
一剣術家として、ただ息子・空也の成長を願い、家族を守り抜きたい磐音だが、政治の権力争いの舞台に巻き込まれてしまう。
やがて田沼の息子・意知(滝藤賢一)が江戸城内で襲われるという事件の背後に定信が浮かび上がり、定信の無実を信じる磐音は動き始める!

TBS「ナイナイのお見合い大作戦!有田川の花嫁」2016年12月28日(水)13:55~再放送(関東圏のみ)

更新日:2016年12月26日

【出演者】
佐藤B作

TBS「ナイナイのお見合い大作戦!」2016年12月28日(水)13:55~再放送(関東圏のみ)
舞台は和歌山県有田川町!
ブランドみかんの郷で絶対に結婚したいオンナ同士が直接対決!

《番組内容》
結婚したい男女83人が1泊2日の婚活バトル!
(1)あの娘だけには渡したくない…ほぼ100%タメ口ギャル独壇場にライバル軍団が完全包囲網!
(2)今度こそ幸せになっても良いですか?リベンジ女性・劇的大変身で1番人気に急浮上!
(3)若槻&柳原小姑コンビも大絶賛!日本をこよなく愛する韓国人留学生の恋…国籍・年齢…全てを超える奇跡に涙
(4)有田川の熱血漢&3人の子を持つシングルファザーも大奮闘!アナタもお見合い大作戦!に参加してみませんか?放送内で次回開催地を大発表!今度は独身女性が大好きなアノ街で!応募殺到必至で早くも嵐の予感!?

新国立劇場・中劇場「ヘンリー四世」2016年11月26日(土)~12月22日(木)公演

更新日:2016年12月6日

【出演者】
佐藤B作

「ヘンリー四世」
《ものがたり》
舞台はロンドン。宮殿では王ヘンリーの胸に暗雲がたれこめていた。一つは国内での反乱の兆し。いま一つは息子ヘンリー(通称ハル王子)の放蕩。元々、王が即位した経緯は、従兄弟である前王リチャード二世から力づくで王位を奪取したこともあり、彼は常にその罪の意識に苛まれていたのだ。一方ハル王子はきょうも場末の居酒屋で、無頼の騎士フォールスタッフ相手に無為に時を過ごし、悪ふざけに興じていた。

折しもそんな時、王の従兄弟、ノーサンバランド伯が息子のヘンリー・パーシー(通称ホット・スパー)とともに反逆の狼煙を上げたとの報が王に届く。王は軍備を整え、ハル王子を伴い戦場に赴く。戦場で相見える、ハル王子とホット・スパー。二人の運命は?勝敗の行方はいかに……。

《キャスト》
浦井健治・岡本健一・勝部演之・立川三貴・綾田俊樹・ラサール石井
水野龍司・木下浩之・有薗芳記・今井朋彦・青木和宣
田代隆秀・那須佐代子・小長谷勝彦・下総源太朗・鍛治直人・川辺邦弘・佐川和正
亀田佳明・松角洋平・松岡依都美・藤側宏大・岡﨑加奈・清水優譲
中嶋しゅう・佐藤B作

 

《公演日程》
2016年 11/26(土) 11/27(日) 11/28(月) 11/29(火) 11/30(水) 12/1(木) 12/2(金)
15:00
(一部)
15:00
(二部)
13:00
(一部)
14:00
(二部)
12:00
(一部)
17:30
(二部)
12/3(土) 12/4(日) 12/5(月) 12/6(火) 12/7(水) 12/8(木) 12/9(金)
12:00
(一部)
12:00
(一部)
13:00
(一部)
12:00
(一部)
17:30
(二部)
17:30
(二部)
18:30
(一部)
17:30
(二部)
12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金)
12:00
(一部)
12:00
(一部)
13:00
(二部)
12:00
(一部)
17:30
(二部)
17:30
(二部)
18:30
(二部)
17:30
(二部)
12/17(土) 12/18(日) 12/19(月) 12/20(火) 12/21(水) 12/22(木)
12:00
(一部)
12:00
(一部)
12:00
(一部)
17:30
(二部)
17:30
(二部)
18:30
(一部)
18:30
(二部)
17:30
(二部)

【お詫びと訂正】
上記の公演日程に一部誤りがございました。(12/1(木)時点)
ご利用いただいている皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。
内容については下記の通りになりますので、よろしくお願い致します。

誤)12/14(水)13:00(一部)

正)12/14(水)13:00(二部)

誤)12/20(火)18:30(二部)

正)12/20(火)18:30(一部)

以上、訂正しお詫び申し上げます。