EX 土曜ワイド劇場『おかしな刑事12』2015年7月25日(土)21:00~

更新日:2015年7月21日

【出演者】
佐藤B作
佐渡稔
市川勇
まいど豊

土曜ワイド劇場

【ストーリー】
 鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

 ある朝、ゴミ屋敷の住人・金子千里(姿晴香)が頭部を鈍器のようなもので殴られて死んでいるのが見つかった。民生委員の藤原弘子(鷲尾真知子)によると、千里は独居で、1年前からゴミが散乱していたという。
また、息子らしき男が時折出入りしているのを近隣住民が目撃しており、弘子も千里から息子の写真を見せられたことがあると証言する。
だが千里の息子は3年前、アメリカで事故死していた事実が判明。目撃された息子は一体誰なのか!?鴨志田は捜査の糸口を求め、ゴミの中から必死に“ニセ息子”の写真を探す。

 そんな中、鴨志田と真実の同居人、姉小路行人(石井正則)が所属する法律事務所の代表・武井昭一(正名僕蔵)が、署に現れた。
武井は千里から遺言作成の依頼を受けていたと話し、被害者は死後、土地、家屋、現金500万円の全財産を寄付する意向だったと明かす。犯人はゴミ屋敷に隠されていた500万円を狙ったのだろうか…!?
 やがてニセ息子の正体は、千里が通っていたパソコン教室の講師・安田晴男(寿大聡)とわかる。安田の本業はデイトレーダーで、最近、為替取引で1000万円近い損失を出していた…。刑事課の面々は、姿をくらましている安田の行方を追う。

 一方、真実は警視庁刑事局長・田中孝典(上杉祥三)から、千里殺害事件の背景を探るよう命じられる。実は、ホステスだった千里は長年、大物政治家・河合敏夫(小川ガオ)と深い関係にあったらしい。河合は7年前に他界したが、現在、旧河合派の議員たちに不正献金疑惑が持ち上がっており、東京地検特捜部が動いているという。
真実はさっそく千里宅を探り、河合の元秘書で政治評論家の篠原康正(佐藤B作)の名刺を発見!篠原の写真を見た鴨志田は驚く。前夜、現場の前で通行人を装った篠原と遭遇していたのだ。鴨志田は篠原の存在が気になって…!?

 やがて、ゴミに埋もれた小さな手がかりを見つけた鴨志田と真実。その謎を探るべく、2人は千里の故郷、福島県猪苗代町へ。鴨志田たちが現地で捜査を進めるにつれ、ゴミ屋敷の主がたどった悲哀の人生と衝撃の真相が浮かび上がっていき…!?

第68回公演『パパのデモクラシー』創立40周年記念興行第3弾 2015年7月19日(日)15:30~衛星劇場にて放送!

更新日:2015年7月13日

papademo-hp

2013年に大好評を頂きました社会派コメディー
「パパのデモクラシー」座・高円寺1での公演が、
衛星劇場にてアンコール放送されます!!
ぜひ、皆さまご覧下さいませ♪

衛星劇場詳細はこちら
【作】永井愛
【演出】鈴木裕美
【出演】佐藤B作・佐渡稔・石井愃一・市川勇・たかはし等・あめくみちこ
山本ふじこ・ まいど豊・市瀬理都子・ 京極圭・玉垣光彦・奈良崎まどか
【客演】井之上隆志・かんのひとみ・栗田桃子・北澤小枝子

NHK 木曜時代劇『まんまこと~麻之助裁定帳~』第1回 2015年7月16日(木)20:00~

更新日:2015年7月13日

【出演者】
佐渡稔

『まんまこと~麻之助裁定帳~』

「しゃばけ」シリーズで人気の畠中恵が、妖怪ファンタジーとは一線を画して挑戦する新シリーズ。
江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、幼なじみの色男・清十郎、堅物・吉五郎とともに、さまざまな謎やもめ事の解決に立ち向かう人情ミステリードラマ。

【ものがたり】
町奉行では裁けない町内の民事事件を裁定する町名主。その跡取り息子である高橋麻之助(福士誠治)と、隣町の町名主の跡取りで、色事にかんしては凄腕の八木清十郎(桐山漣)、同心見習いで腕はたつが、石部金吉の相馬吉五郎(趙珉和)は、幼なじみの親友同士。
麻之助は16 までは真面目で優秀な少年だったが、あるときを境に、お気楽な遊び人になってしまう。普段はとんと頼りにならない麻之助だが、実はその推理力には並外れたものがある。
毎回、麻之助のもとに持ち込まれるのは、切った張ったの殺伐とした事件ではなく、江戸庶民のかかえるささいなもめ事。ところが、ひとたびもめ事が持ち込まれると、麻の如く乱れて解きほぐしがたい事件を、思いもつかない方法で鮮やかに解決していく。

CX 『探偵の探偵』2話 2015年7月16日(木)22:00~

更新日:2015年7月10日

【出演者】
佐渡稔

『探偵の探偵』

【イントロダクション】
原作は、『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズで累計1000万部以上の売上を誇る松岡圭祐氏が書き下ろす最新シリーズで、シリーズ累計40万部を突破した『探偵の探偵』(講談社文庫)。「探偵を追う探偵」という異色の設定ながら、職業としての「探偵業」を徹底的な取材に基づくリアリティで描写し、圧倒的なスピード感とスケール感で読む者の心を虜にする、傑作サスペンス。幾重にも張り巡らされた伏線と先の読めない展開の連続で、ページをめくる手が止まらなくなる原作の魅力を、迫力あるアクションや斬新な映像表現を用い、余すところなく映像化していきます。

多くの視聴者を引きつけた『HERO』(2014年7月期ドラマ)のプロデューサーも務めた渡辺恒也が「今までにない新しい作品を作りたい」と思いドラマ化にまい進した企画を、原作イメージに限りなく近い雰囲気の北川さんが魅せる演技と、『私が恋愛できない理由』や『BOSS』で視聴者をとりこにした映像が記憶に残る石井祐介演出という布陣で制作する本格サスペンス、『探偵の探偵』にご期待ください!