TBS 『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』3話 2015年4月30日(木)21:00~

更新日:2015年4月24日

【出演者】
石井愃一

TBS 『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』HP

【3話あらすじ】
警視庁内の内線電話を使った足抜けコールが発生。
電話をしてきたのは、警視庁内で働く警察官の妻で、夫には内緒にして欲しいという。
 麦秋(大島優子)らが話を聞くと、その女は娘が付き合っているヤクザを組から足抜けさせて欲しいと言う。
 本来、足抜けを引き受けるのは本人から依頼があった場合のみ。
室長の石山博文(田中哲司)は、規則違反と釘をさすが、麦秋は我が道を突き進む。
 実は、ヤクザと付き合う娘を持つ警察官とは、マル暴を束ねる組対部長の風見徹(小木茂光)。
いずれは警視総監との呼び声が高いエース中のエースだが、娘がヤクザの親密交際者だということが表沙汰になれば、そのキャリアを失うことは間違いない。
ところが娘の愛は、恋人の村崎亮(弓削智久)と結婚するの一点張り。
ヤクザも警察官僚の親も自分たちには関係ないと、説得にやって来た三ヶ島翔(北村一輝)を一蹴する。
 また、亮にも足抜けの意思が全くない様子。佐野(勝地涼)がカタギの再就職先を紹介しようとしても、デザイナー採用でなければ転職しないと言う。
 そんな中、風見の自宅に脅迫電話が!徹はヤクザ(宇梶剛士)からある取引を提案されるのだが……。